Japonais


Vous êtes ici



drapeau_japonais.png

シャーリのシトー会大修道院の廃墟は、パリ北方に位置するエルムノンヴィルの森の中央にあり、現在は野趣豊かな公園に囲まれている。

ルイ六世(1081-1137)によって創建されたこの大修道院は、中世を通してずっと人々の心に精神的な影響力を及ぼした。ルネサンス期には、イッポリート・デステ枢機卿(1509-1572)がイタリアから偉大な芸術家たちを招き、その中には、建築家のセバスティアーノ・セルリオ(1475-1554)や画家フランチェスコ・プリマツィオ(1504-1570)もいた。ちなみに、プリマツィオが聖マリア礼拝堂に描いたフレスコ画は、最近行われた修復によって過去の輝きを取り戻している。1737年になると、シャンティの大厩舎を建築したジャン・オベール(1680-1741)が、僧院の再建を担った。

フランス革命後、教会と回廊はかなりの部分が破壊され、残されたのは古典主義様式の巨大な館だけになる。19世紀になり、新しい所有者によってその部分が城として改築された。1902年、銀行家エドゥアール・アンドレ(1833-1894)の寡婦であるネリー・ジャックマール(1841-1912)がその城を購入し、世界各地から収集した芸術作品の一部を展示した。残りの収蔵品はパリの館に置かれたが、現在、オスマン通りにあるその建物はジャック・マール・アンドレ美術館となっている。1912年、ネリーはフランス学士院に全財産を遺贈。シャーリの広大な領地と美術品コレクションもその一部である。その中には、とりわけ貴重な収蔵品がある。ジヨット(1267頃—1337)の二枚の絵画を含むイタリア・プリミティフ(中世から初期ルネサンス期にかけてのシエナ、フィレンツェの画家たち)の絵画、そして、エルムノンヴィルの領主ジラルダン家によって収集されたジャン・ジャック・ルソー(1712-1778)にかかわりのある品々である。

 



hisahi_mizuno.jpg

水野尚『フランス 魅せる美 美は人を幸福にする』関西学院大学出版会2017年2月出版。

http://www.kgup.jp/book/b279487.html

 

とにかく綺麗な本を作りたい。そんなわがままな願いを実現したのが『フランス 魅せる美』です。

フランスに行く度に様々な美術館で美しい絵画を目にし、パリのうっとりとする街並に心を奪われます。そんな美を単に綺麗だと思うだけではなく、歴史的な変遷をたどり、知的に理解することで、より深く味わうことができます。

19世紀の作家ジェラール・ド・ネルヴァルが描いたヴァロワ地方は、パリの近郊にありながら、今でも豊かな自然の美を堪能させてくれます。本書の第5章「フランスの心臓 ヴァロワ地方」は、ネルヴァルに導かれたサンリス、シャーリ、エルムノンヴィル、シャンティイでの文学散策です。

美は本当に人を幸福にしてくれます。それは、おいしい物を食べるときの幸せ以上です。食べ物と違い、美は決してお腹一杯にはなりません。いくらでも次が欲しくなります。

 フランスの美は人を魅了し、幸福にしてくれる。そうした体験を共有していただければ、こんなに嬉しいことはありません。

 

 

 

Les actualités


Du 28 Sep au 11 Nov 2018

La restauration de la centrale hydroélectrique de Chaalis
 Une restauration exceptionnelle

Le 28 janvier 2015 la turbine du moulin de Chaalis, restaurée par une équipe de bénévoles dirigée par Bernard et Pierre Fourreau avec l'aide de Pierre Denise, a fait ses premiers tours sous nos yeux admiratifs.

    Avant

Après

Elle avait été installée en 1903-1904 sur les ordres de Nélie Jacquemart-André pour fournir...

Du 21 Oct au 11 Nov 2018

Pédagogie / Culture

UN VOYAGE DANS LE TEMPS
UN VOYAGE DANS LE TEMPS

 

Le dimanche 21 octobre 2018, un groupe d'amis passionnés d'histoire et de costumes, mais aussi pour certains, de musique et de danse du XVIIIe siècle, était parmi nous à Chaalis.

Depuis une dizaine d'années, le groupe participe activement à des mises en scène en costumes historiques, notamment lors des Journées Grand...

Le 19 Déc 2018

Pédagogie / Culture

Les milieux humides
Les milieux humides, entre terre et eau

Un abri pour une biodiversité exceptionnelle.

Marais, tourbières, prairies humides, lacs, lagunes, mangrove.... Les milieux humides jouent un rôle essentiel pour un équilibre sain de l’environnement en filtrant l’eau et en régulant le ruissellement et le débit des cours d’eau.

Étang de la Pêcherie et son moulin à...

Du 19 Mar 2019au 19 Mar 2020

Pédagogie / Culture

Acquisition J.-J. Rousseau

Une planche d’herbier de Jean-Jacques Rousseau

   En février 2019, l’Institut de France s’est porté acquéreur pour l’Abbaye royale de Chaalis d’une planche d’herbier de Jean-Jacques Rousseau annotée par Ernest de Girardin en 1844. Cette planche présente une double valeur patrimoniale car elle est à la fois un témoignage de l’œuvre de Jean-Jacques...

Du 04 au 23 Aoû 2019

Pédagogie / Culture

Un chantier archéologique à Montépilloy

Le premier chantier participatif encadré par les moniteurs de l’association CHAM.

Nouveauté en 2019, du 4 au 23 août, se déroulera au château de Montépilloy classé monument historique, situé au sud de l'Oise, près de l'abbaye de Chaalis, le premier chantier participatif encadré par les moniteurs de l’association CHAM. Ce chantier s’adresse à toute personne...

Voir toutes les actualités